赤い色の住宅イラスト

ほんの少しの加工

先のことも考えてみた

私は妻と結婚したあとすぐに小さいながらも一戸建てを購入して、その3年後にようやく娘が生まれた。今は1歳になったばかりだがとても元気だ。男の子よりも活発でハイハイを見ているのがとても楽しい。子供が元気なのが一番だが、どうしても気になってしまうのがフローリングのキズや汚れである。将来、床がボロボロになったりするのは目に見えるようなので先手を打つ事にした。フロアコーティングというのを何かの雑誌で見て覚えていたのだけれども、どうやらキズにとても強いらしい。まだ娘が歩き出さないうちに部屋のフローリングにフロアコーティングをすることを妻と話し合って決めた。 何社か見積もってもらったけれども、一番対応が良さそうなところにやってもらうことにした。

工事が、短く終わった

フロアコーティングの素材というのは沢山あるが、私はガラス性のフロアコーティングをすることにした。耐水性、耐久性ともに強く特に引っかき傷に強いらしい。心配だったのが「ガラス性」ということだが、もちろん割れる事も無く柔軟性もあり、ケガをするということは絶対に無いということだった。 料金は3LDKの家なので材料費に人件費など全部込みで15万円だった。もっと安い塗料なら8万円ほどでできると聞いたのだができるだけ丈夫なものが良いと思い15万円のガラス性塗料でお願いする事にした。 小さい子がいるから工事が長引くと困ると心配していたのだが、1日でおわったのでとても良かった。 使ってみての感想だが、本当に丈夫で妻が食器を落としても傷ひとつ付かない。普通のフローリングのような触り心地なのに素晴らしいと思う。 先のことを考えてフロアコーティングをしたが、とても良かったとおもう。

Copyright © 2015 素人では難しい家電の清掃や調整について知る. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com